無料のメール相談はこちらから
マップを見る 電話をかける
無料のメール相談はこちらから

白内障とは・・・?

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。 水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、主にたんぱく質と水でできています。 たんぱく質は、加齢や、長年にわたる紫外線曝露など、さまざまな影響を受けて、だんだんと変化し白く濁ります。 通常は透明な組織ですが、白内障になると白く濁ってしまうため、徐々に視力に影響が出てくるようになります。 白内障で最も多いのは加齢によるものであり、70歳を超えると、ほぼ100%の方に白内障があると言われています。
70歳を越えると、ほぼ100%の方に白内障があると言われています。

白内障の症状

白内障によって水晶体が白く濁ってくると外からの光が遮られて網膜に届かなくなり、「視界が霞んでくる」「光を眩しく感じる」「暗い所と明るい所の見え方が違う」「視力が低下する」といった症状が現れます。 視力に影響が出てきたら手術を検討する時期だと言えます。

白内障の治療方法

白内障の初期段階では、点眼薬によって進行を遅らせることができますが、残念ながら水晶体の濁りをクリアにするお薬はありません。 そのため、白内障を治療するには手術しか方法がありません。 手術は、濁った水晶体を超音波で砕きながら吸い出して、人工の眼内レンズと入れ替える「超音波乳化吸引術+眼内レンズ挿入術」が主流となっており、日帰り手術が可能です。 また、手術を検討する時期としては、視力に影響が出始めた頃が適切だと言われていますが、白内障が大きく進行してしまうと水晶体が固くなり、手術のリスクが高くなるだけではなく、通常の術式では手術ができなくなる場合があります。手術の安全性が向上したことで、最近では早めに手術を受けた方がいいという報告が多くあります。

日帰り白内障手術の流れ

  • 角膜を切開します。
    内部の水晶体を取り出すために、角膜を切開します。
  • 前嚢を切開します。
    水晶体を包んでいる前嚢(袋の前側)を丸くはがします。
  • 水晶体の吸引
    水晶体を超音波で細かく砕きながら吸引し、その後水晶体を包む袋の中を空にします。
  • レンズの挿入
    眼内レンズを嚢(袋)の中に挿入し、手術終了です。
  • ●白内障を治療するには手術しか方法はありません。
  • ●視力に影響が出て来たら、手術を検討する時期です。
  • ●白内障を放置すると手術のリスクが高くなります。
  • ●白内障が大きく進行してしまうと失明に至ることがあります。
  • ●白内障は、中途失明原因の第3位にランクされています。
  • ●白内障が進みすぎると手術が難しくなります。

レーザー白内障手術

白内障手術は、最も多く行われている目の手術です。 年間で130万件以上も行われているため、比較的容易な手術だという印象がありますが、わずか2mmほどの空間で行われる非常に繊細な手術です。 特に「前嚢切開」と「水晶体分割」の工程は、わずかな力加減でトラブルの原因となることもあり、執刀医には高度な技術が求めらます。 当院では、リスクの高い手術工程をコンピューター制御されたレーザーで行うことができるレーザー白内障手術「Z-CATARACT」を導入していますので、リスクが少なく、正確性に優れた白内障手術を提供しています。

①見え方の質を左右する重要な手術工程 「前嚢切開」

前嚢切開は、水晶体を包んでいる嚢(袋)の前側を丸く切り取る工程です。前嚢切開は、濁った水晶体を吸引するために必要な手術工程ですが、最終的にはレンズを通して物を見る窓としての役割を担います。医師の手作業による前嚢切開では、その正確性に限界があり、丸の形が歪むだけではなく、わずかな力加減で嚢が破けてしまう合併症のリスクが伴います。一方、コンピューター制御されたレーザーによる前嚢切開では、力加減に左右されることなく、完全な真円に切り取ることができます。前嚢切開の正確性は、手術中の合併症を予防するだけではなく、挿入した眼内レンズの安定や中心位置の固定に優れた効果を発揮します。

②合併症のリスクを軽減する重要な工程 「水晶体の分割」

濁った水晶体を取り除く工程では、器具を使って水晶体を6~8分割してから超音波による吸引を開始します。医師の手作業によるマニュアル手術では、白内障の状態によって分割の精度に差が生じるだけではなく、わずかな力加減によって水晶体を包んでいる嚢(袋)が裂けてしまう「後嚢破損」などのリスクが伴います。後嚢破損が起こると、水晶体の破片が硝子体の中に落下してしまう恐れがあり、眼内レンズがうまく固定できなくなるケースもあります。この水晶体分割をレーザーで行うことで、目の中で行う作業を減らし、手術中に起こる合併症のリスクを軽減します。また、レーザーによる正確な前処理を行うことで超音波を使用する時間を短縮し、角膜内皮細胞へのダメージを抑えて合併症の発生を抑制します。超音波による水晶体の吸引前に、レーザーによる正確な前処理を行うことで、手術が安全に行うことができ、手術後の早期回復も期待できるようになりました。
当院では、レーザー白内障手術システム「Perfect Z-CATATACT SYSTEM」を 導入して、リスクの高い手術工程を自動化することで、手術中に起こる合併症のリスクを可能な限り軽減しています。また、コンピューター制御による正確な手術は、手術後の見え方の質を追求することを可能としています。

冨田実アイクリニック銀座の白内障手術

白内障手術には、使用する眼内レンズや手術手技によって様々な選択肢があります。手術を受ける前に、「どのようなレンズを使用するか?」「どういった手術手技をするか?」「手術後の生活は?」など治療方法について多くの選択肢があることを知っておくことが大切です。
単焦点レンズ
  • ・健康保険の対象となります
  • ・1つの距離にしか焦点が合いません
  • ・手術後は必ずメガネ (老眼鏡) が必要となります

多焦点レンズ
  • ・白内障と同時に老眼も治療することができます
  • ・手術後のメガネの使用頻度が激減
  • ・目の状態に適したオーダーメードのレンズをご用意します
  • ・近方、 遠方の2つの距離に焦点が合うマルチフォーカルレンズ (2焦点)
  • ・近方、 中間、 遠方の全ての距離に焦点が合うトリフォーカルレンズ (3焦点)

乱視用レンズ
  • ・乱視の強い方に適しています
  • ・単焦点レンズ、 多焦点レンズともに乱視用レンズが選択できます

先進医療による
白内障手術
  • ・経済的な負担を軽減することができます
  • ・民間の医療保険で先進医療特約に加入している方は手術費用の給付が受けられます
  • ・冨田実アイクリニック銀座は厚生労働省の認可を受けた先進医療実施施設です

レーザー
白内障手術
  • ・多焦点レンズや乱視用レンズを選択される方に適しています
  • ・マニュアル手術よりも安全性、 正確性が向上しています
  • ・合併症の軽減、 良好な見え方を期待することができます

レーシック後の
白内障手術
  • レーシックなどの屈折矯正手術を受けられた方でも白内障手術が受けられます
  • ・屈折矯正手術を受けられた方に適した計算方法でレンズを選択します
  • 当院では、レーシックを受けられた方から白内障手術の相談を受け付けています
  • 当院の白内障手術の10%の患者様はレーシック手術後の患者様です。

過去にレーシックを受けられた方の白内障手術

レーシック後の白内障手術は、冨田実アイクリニック銀座にお任せください

当院で白内障手術を受けた方の約10%の方が、過去にレーシックを受けられています。過去にレーシックなどの屈折矯正手術を受けている方は、眼内レンズの度数を決定する際に特殊な計算方法を使用するため、屈折矯正手術を行っている医療機関に相談することが大切です。当院では、レーシックなどの屈折矯正手術も行っていますので、過去にレーシックを受けている方でも、問題なく手術を受けていただけますので、安心してお任せください。

眼内レンズについて

白内障手術に使用する眼内レンズには、単焦点レンズと多焦点レンズがあります。 単焦点レンズは、近くもしくは遠くのどちらかしか焦点が合わないため、手術後は必ずメガネが必要になります。 一方、多焦点レンズは、遠方・近方に焦点が合うため、白内障と同時に老眼も治療することができますので、手術後のメガネの使用頻度を減らすことができます。 また、遠方・近方だけではなく中間距離にも対応した、全く新しいタイプの多焦点レンズ(トリフォーカルレンズ:3焦点レンズ)が登場し、より快適な生活を送ることができるようになりました。 近年では、様々な種類の多焦点レンズが登場したことで、単に白内障を治療するだけではなく、手術後の生活を重視した白内障手術へのニーズが高まっています。

白内障と同時に老眼も治療できる多焦点レンズ

多焦点レンズには、近方と遠方の2つの距離に焦点が合うマルチフォーカルレンズ(2焦点レンズ)と近方・中間・遠方のすべての距離に焦点が合うトリフォーカルレンズ(3焦点レンズ)があります。多焦点レンズの最大の特徴としては、白内障と同時に老眼も治療できることです。単焦点レンズは、手術後も必ずメガネ(老眼鏡)が必要でしたが、多焦点レンズは手術後のメガネの使用頻度を減らし、生活の質を向上させることが期待できます。

老眼治療に対応した多焦点レンズのご紹介

冨田実アイクリニック銀座では10種類以上の多焦点レンズを導入して
患者様の眼の状態や生活スタイルに合わせたレンズをご提案しています
冨田実アイクリニック銀座では、様々なタイプの多焦点レンズを導入しています。患者様の目の状態や生活スタイル、手術後の見え方の希望などによって適切なレンズを選択していただけます。また、多焦点レンズは白内障の治療だけでははなく、老眼治療にも効果を発揮します。

マルチフォーカルレンズ (2焦点レンズ)

  • スタンダード・マルチフォーカルレンズ

    • 遠方
    • 近方
    • 乱視
    • 老眼
    このレンズは、すでにCEマークを取得しており、すでに高い安全性が実証されています。仕事やプライベートでパソコンを使用する頻度が高くなっている生活習慣に合った見え方を重視した特徴があります。マルチフォーカルレンズの中でも、コストパフォーマンスに優れたレンズですが、見え方の質は他の多焦点レンズと比べても見劣りすることはありません。
  • エムプラスX・ マルチフォーカルレンズ

    • 遠方
    • 近方
    • 乱視
    • 老眼
    このレンズは、前作のエムプラスが更にバージョンアップされた新しいレンズです。
    2013年に発売が開始されたエムプラスXは、前作同様に上下に遠近の度が区分けされている設計になっていますが、遠方部分と近方部分の段差を目立たなくすることで、より自然な見え方を追及しています。そのため、目線や顔を意識して動かすことなく、より自然に遠方・近方を見ることができ、見え方の質が高いことが特徴です。また、夜間視力においても改善が施されており、前作のエムプラスよりも夜間の光のにじみやまぶしさも少なく、夜に車の運転をされる方には適しています。ただし、瞳孔の小さい方には、近方視力がでにくいレンズ構造になっています。

先進医療対象 マルチフォーカルレンズ (2焦点レンズ)

  • 先進医療対応 多焦点レンズ(2焦点)

    • 遠方
    • 近方
    • 乱視
    • 老眼
    これまで、多焦点レンズによる白内障手術は全額自己負担となっていましたが、先進医療に認定されたことで、術前・術後の診察代やお薬代に健康保険が適用されます。また、民間の医療保険で「先進医療特約」にご加入の方は、手術費用が全額給付される場合もありますので、経済的な負担を大幅に軽減することができます。当院は、厚生労働省より先進医療の認定を受けていますので、先進医療に対応した白内障手術のご相談も承っています。
  • 先進医療対応 多焦点レンズ テクニス・シンフォニー NEW

    • 遠方
    • 近方
    • 老眼
    テクニス・シンフォニーは、単焦点レンズと多焦点レンズのメリットを融合させた新しいタイプの多焦点レンズです。独自のテクノロジーによって、鮮明な見え方を重視したレンズ設計になっており、低照度下でも優れた視機能を実現し、ハロー・グレア・スターバーストなどの発生を大幅に低減します。また、焦点深度を拡張することで遠方から近方まで中間距離の視力の落ち込みが無い自然な見え方を提供しています。 このレンズは、先進医療の認定を受けていますので、民間の医療保険で「先進医療特約」にご加入の方は、手術費用が全額給付される場合もあり、経済的な負担を大幅に軽減することができます。当院は、先進医療に対応した白内障手術のご相談も承っています。

トリフォーカルレンズ (3焦点レンズ)

  • スタンダード ・ トリフォーカルレンズ

    • 遠方
    • 中間
    • 近方
    • 老眼
    • 乱視
    すべての距離に焦点が合う3焦点トリフォーカルレンズは、高額というイメージがありますが、このレンズはコストパフォーマンスに優れ、遠方・中間・近方と十分な見え方を手に入れることができます。すでにCEマークを取得しており、安全性においても実績があります。乱視の強い方には、乱視に対応したレンズもオーダーすることが可能です。
  • ファインビジョン ・ トリフォーカルレンズ

    • 遠方
    • 中間
    • 近方
    • 老眼
    このレンズは、遠方・近方だけではなく、中間距離にも焦点が合う全く新しいタイプの多焦点レンズです。すべての距離に焦点が合うトリフォーカルレンズの登場は、白内障手術の新たな可能性を生み出しました。手術後のメガネの使用頻度がより減少し、近方・中間・遠方全てが見える30代の視界を手に入れることができます。
  • スーパーファインビジョン ・ トリフォーカルレンズ

    • 遠方
    • 中間
    • 近方
    • 乱視
    • 老眼
    このレンズは、遠方・近方だけではなく、中間距離にも焦点が合う全く新しいタイプの多焦点レンズで、長期間においてレンズの安定性を確保するために更に改良されたシリーズ最新のレンズです。手術後の快適な生活を可能とした多焦点レンズは、年々その需要が拡大していますが、白内障手術の新たな可能性を生み出したトリフォーカルレンズの登場で、世界的にも多焦点レンズ注目度が向上しています。
  • ベストフォーカスレンズ

    • 遠方
    • 中間
    • 近方
    • 老眼
    2015年に登場した「ベストフォーカス・レンズ」は、すでにヨーロッパではCEマークを取得し、確かなパフォーマンスが証明されている革新的な白内障多焦点レンズです。このベストフォーカス・レンズの最も注目すべき特徴としては、従来の3焦点レンズの性能を大きく進化させ、中間視力間のフォーカスが強化されたことで、近方から中間、中間から遠方と非常にスムーズな視界を実現していることです。独自に改良された全く新しいレンズデザインテクノロジーが、見え方の質と明るさを高め、低照度の照明条件下でも優れた視機能を提供します。また、視界の鮮明さを左右する角膜収差や色収差の補正を実現したレンズデザインは、手術後に起こる後発白内障のリスク軽減をも実現しています。

指導医のライセンスを持つ冨田院長が執刀を担当します

冨田院長は、3焦点レンズによる白内障手術の指導医ライセンスを取得しています。指導医のライセンスは、医師を指導する医師にのみ発行される特別なライセンスです。冨田実アイクリニック銀座では、目の状態に適したレンズを選択できるように、乱視対応のレンズを含めると10種類以上の多焦点レンズを取り揃えています。多焦点レンズによる白内障手術は、レンズの中心位置や乱視軸などシビアなポジショニングが要求される非常に繊細な手術です。当院では、手術前の診察から執刀までを指導医ライセンスを取得している冨田院長が担当しますので、安心して手術を受けていただくことができます。
※各種保険取扱いおよび先進医療実施施設。新しい技術・医療機器を使用した治療には
一部公的保険が適応されないものがあります。
冨田実アイクリニック銀座は、一貫した診療を行っていくために主治医制で診療を行います。常に患者様目線での診療を心がけ、安心して受診いただけるクリニックであり続けたいと考えています。 院長の冨田実は、診察、執刀、手術後のケアまで責任を持った診療体制をとることが、一人一人の患者様に適した治療が行えると考えます。 その 方にとって「どんな治療が適しているか」「どんな手術が効果的か」「どんなケアが必 要なのか」を追求すると主治医制にたどり着きました。 冨田実アイクリニック銀座は、 信頼していただけるクリニックを目指し、安心できる診療体制で皆様をお迎えしています。
手術は1日10件まで、一人一人の診療を大切にしています。
安心して治療を受けていただくためには、「しっかりと相談していただく時間」「詳細な検査を行う時間」「適切な治療を行う時間」が必要です。その役割を分担してしまえば多くの患者様を治療することができるかもしれませんが、主治医制を採用している当院では、一人一人の患者様を大切にする診療体制で皆様をお迎えいたします。患者様が安心できる治療を提供するためには、執刀医である院長が患者様の眼の状態を把握している必要があります。そのため、手術は1日限定10件までしか行いません。
冨田院長は、眼科専門医として様々な手術における指導医のライセンスを取得しています。 指導医のライセンスを取得している冨田院長は、医師を指導する立場にあり、指導した医師に対して手術のライセンスを発行する重要な責任を担っています。 手術方法だけではなく、レンズの性能やレーザー機器の性能、万が一のトラブルへの対処方法など、知識・技術・指導力が求められる指導医である冨田院長が、すべての白内障手術を担当しますので、安心して手術を受けていただけます。

レーザー白内障手術で
「Ziemer Award」 を受賞
レーザー白内障手術の登場によって、白内障手術が大きく進歩しました。ただ白内障を治療するというだけではなく、見え方の質を追求できる新しい技術として世界的に注目されている手術のひとつです。そのレーザー白内障手術「Z-CATARACT」において、冨田院長の執刀実績が評価を受け、ジーマー社より「Ziemer Award」が授与されました。

「ワールド ・ ベストサージャン」 を受賞
冨田院長は、FEMTO LDV シリーズを開発するジーマー社の医学的アドバイザーとしてシリーズの開発に初期から携わってきました。より正確な手術を実現するために、レーザーにカメラやOTCスキャンの搭載を実現させるなど、様々な性能を高めることに尽力しています。その功績と実績が評価され、2014年にジーマー社が認める「ワールド・ベストサージャン」を受賞しました。
冨田院長は、世界各国で行われる眼科学会から招待講演の依頼を受け、年間で数十本に及ぶ講演を行っています。2011年のアメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)では賞を受賞。翌年のアメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)においても賞を受賞しました。また、ヨーロッパ白内障屈折矯正学会(ESCRS)、アジア太平洋眼科学会(APAO)、アメリカ眼科学会(AAO)などでも、賞を受賞しています。
冨田院長は、眼科の名門として名高い温州大学医学部眼科において臨床客員教授を務めています。世界的な眼科学会において多くの講演を手掛けている冨田院長の功績と受賞歴が評価され、臨床客員教授という名誉ある役職に就任。冨田院長は、未来を担う学生達を前に最先端の眼科治療について講演も行っています。また、2016年には、河北省医科大学眼科の教授にも就任し、後進の指導においても世界的な活躍が期待されています。
冨田実アイクリニック銀座では、積極的に新しい眼科治療を導入していますが、レーザー白内障手術もそのひとつです。日本では、医師のフリーハンドによるマニュアル手術が主流となっていますが、多焦点レンズによる白内障手術にはレーザー白内障手術が適しています。それは、眼内レンズの構造が全く違うからです。レンズのポジショニングにシビアな技術が求められる多焦点レンズは、手術の正確性によって手術後の見え方が大きく左右されます。冨田実アイクリニック銀座では、開院当初からレーザー白内障「Z-CATARACT」を導入して、新時代の白内障手術を提供しています。
レーザー白内障手術 「Z-CATARACT」
レーザー白内障「Z-CATARACT」で使用するフェムトセカンドレーザーは、ジーマー社(スイス)が開発した「FEMTO LDV Z8」です。ジーマー社が開発を手掛けるLDVシリーズは、レーザーの照射エネルギーを抑えることで、手術によるダメージを軽減することを実現。「眼に優しい手術」として世界中から注目を集め続けています。レーザー白内障手術は、高い正確性を実現した新しい技術ですが、手術をするうえで重要な要素となる安全性の向上においても「OCTスキャン」という新たな機能が搭載されています。
手術の安全性を向上させた 「OCTスキャン機能」
水晶体の状態は人それぞれ違います。よって単純にレーザーで手術をするから安全とは言い切れません。「FEMTO LDV Z8」は、水晶体の断面をスキャンし、実際の水晶体の状態を把握しながら手術をすることができます。 水晶体の断面を確認して、どこまでの深さで水晶体をカットするか、より安全に手術をするためにどこまでセイフティゾーン(カットしない部分)を設けるかなど、実際の水晶体の断面を執刀医が確認することができるのは、安全面において大きなメリットです。 適切な厚さ、適切なポジションにレーザーを操ることができるZ8は、レーザー白内障手術においても、よりリスクの少なさと正確性を追求できます。
当院では、レーザー白内障手術をより効果的に行うことができる、「Perfect Z-CATARACT SYSTEM」を導入しています。手術ガイダンスシステムによる白内障手術のプランニングから、プラン通りの正確な手術を遂行するレーザー白内障手術、白内障手術の課題を克服した次世代型の白内障手術装置を融合させたレーザー白内障手術システムによって、より正確でリスクの少ない白内障手術を提供しています。 
1998年 愛知医科大学 医学部卒業
1998年 関西医科大学病院 眼科研修医
2003年 関西医科大学大学院卒業 医学博士取得,
日本眼科学会専門医取得
2003年 米国ハーバード大学眼科 フェロー(2年間)
2005年 ハーバード大学スケペンス眼研究所最優秀論文受賞
2005年 150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニック入職
2007年 同クリニック 副院長就任
2008年 同クリニック エグゼクティブメディカルディレクター
最高診療責任者)に就任
2010年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):最優秀ポスター賞受賞
2011年 アメリカ眼科学会でレーシック、老眼治療に関する
インストラクター
アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):角膜手術、
屈折矯正手術部門最優勝受賞
2011年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2012年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):
グランドプライズ(全部門最優勝受賞)
2012年 欧州白内障屈折矯正学会:最優秀ポスター受賞
2012年 アメリカ眼科学会、国際屈折矯正学会役員理事就任
2013年 アメリカ眼科学会、ベストポスター受賞
2014年 冨田実アイクリニック銀座 開設(院長)
2014年 アメリカ眼科学会 (AAO)プレジデンシャルアワード受賞
2015年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2016年 河北省医科大学 眼科客員教授に就任
  • 所属学会

    ・ 日本眼科学会
    ・ 日本眼科手術学会
    ・ 日本眼内レンズ屈折矯正学会
    ・ 日本角膜学会
    ・ 日本コンタクトレンズ学会
    ・ 米国眼科学会(役員)
    ・ 米国眼内レンズ屈折矯正学会
    ・ 欧州眼内レンズ屈折矯正学会
    ・ 国際屈折矯正学会(役員理事)
    ・ アメリカ眼科学会(役員)
    ・ アメリカ白内障屈折矯正学会
    ・ 欧州白内障屈折矯正学会
  • 指導医ライセンス

    ・ イントラレース指導医
    ・ ウェブライト指導医
    ・ Zレーシック指導医
    ・ ケラリング指導医
    ・ アマリス指導医
    ・ フェイキック ICLレンズ指導医
    ・ フェイキック アルチザン・アルチフレック指導医
    ・ カメラレーシック指導医
    ・ レーザー白内障指導医
    ・ 3焦点レンズ指導医
    ・ 2焦点レンズ指導医