Add on

Add-on Lensによる白内障手術後の視力矯正について

単焦点レンズで白内障手術を受けられた方は、1つの距離にしか焦点が合わないため、手術後は必ずメガネが必要となります。単焦点レンズによる白内障手術は、遠方に焦点を合わせて近くは老眼鏡を使用することが一般的ですが、老眼鏡の不便さに「多焦点レンズで手術を受けておけばよかった」と後悔される方もいらっしゃいます。また、日本では多焦点レンズの普及が遅れているのが現状で、地域によっては白内障と同時に老眼も治療できる多焦点レンズの存在を知らずに白内障手術を受けてしまうケースも多く見受けられます。そういった方から、多焦点レンズへの入替え手術のご相談を多くいただいておりますが、眼内レンズを入替える手術は高いリスクを伴います。そのため、眼内レンズの入替え手術を希望の方には、単焦点レンズの上から重ねて挿入することができるAdd-on Lensをお勧めしています。Add-on Lensは、挿入されている単焦点レンズを取り外さずに3焦点レンズの機能を提供できるため、手術のリスクも少なく、若々しい視力を手に入れることができる新しい選択肢になります。

単焦点レンズを3焦点レンズに変える

Add-on Lens

Add-on Lensが適している方

■単焦点レンズを多焦点レンズに入替えたいと考えている方

すでに、単焦点レンズで白内障手術を受けられている方で、老眼の症状に不便を感じている方に適しています。多焦点レンズの存在を知らずに手術を受けた方や、多焦点レンズが普及する前に手術を受けた方で、多焦点レンズへの入替え手術を希望される方は年々増加傾向にありますが、高いリスクが伴うため断念するケースも少なくありません。単焦点レンズの性能を、近方・中間・遠方に焦点が合う3焦点レンズに変えることができる Add-on Lensは、挿入された単焦点レンズの上から挿入できますので、リスクを抑えた手術が可能です。

■単焦点レンズで手術を受けた後に乱視が進行(発生)した方

白内障手術では、角膜の切開創が治る過程で、乱視が発生することがあります。手術では、できるだけ乱視が発生しにくい部分を切開しますが、乱視の発生を100%抑えられるわけではありません。乱視は見え方の質を下げる要因にもなりますので、Add-on Lensで乱視を改善することは有効な手段になります。

他院で白内障手術を受けられた方のご相談も
受け付けています
Add-on Lensによる老眼治療は、限られた施設でしか受けられません。そのため、白内障手術を受けた医療機関で治療を希望されても手術を受けることができません。当院では、他の医療機関で手術を受けられた方でも、Add-on Lensによる老眼治療を受付けておりますので、お気軽にご相談ください。「多焦点レンズで手術を受けておけばよかった」と手術を受けてから後悔されている方からのご相談も受け付けています。

眼内レンズの入替え手術に伴うリスクについて

眼内レンズは、簡単に入替えられると思われている方が多いと思いますが、実際には非常にリスクが高く、難しい手術になります。白内障手術では、濁った水晶体を取り除いた後に、もともと水晶体が入っていた水晶体嚢(袋)の中にレンズを挿入します。水晶体嚢は、非常に薄くて手術中のわずかな力加減でも破れてしまうことがありますので、中に入っているレンズを取り出す手技は難易度が高い処置になります。また、時間の経過とともにレンズが癒着してくるため、レンズを取り出す時にトラブルが起こることがあります。通常の白内障手術よりも難しい手術になりますので、様々なリスクを考えると、レンズの入替え手術は基本的にお勧めしておりません。

  • ●レンズが挿入(固定)されている水晶体嚢が裂けてしまうことがあります。
  • ●水晶体嚢が裂けてしまうと、もとの位置にレンズを挿入できなくなることがあります。
  • ●位置にレンズが挿入できなくなると、嚢外固定や縫着固定などの方法でレンズを固定することになります。
  • ●水晶体嚢が裂けてしまうと、多焦点レンズへの変更が出来ない場合があります。
  • ●レンズの入替え手術を受ける前よりも視力が低下する場合があります。
  • ●レンズが硝子体の中に落下してしまう恐れがあり、硝子体手術が必要になることがあります。
  • ●レンズの入替え手術は、白内障手術で起こり得る合併症と同等もしくはそれ以上のリスクが存在します。

単焦点レンズの上からAdd-on Lensを重ねるだけで
3焦点レンズの見え方を手に入れることができます

Add-on Lensの挿入手術は、すでに挿入されている単焦点レンズの上から重ねて挿入する手術になります。Add-on Lens は、視力回復手術のフェイキックと同様に後房という空間に挿入します。虹彩の後側にレンズを挿入しますので、外から見てもレンズが入っていることが分かりにくく、審美性にも優れています。

  • 単焦点レンズの見え方

    単焦点レンズは、1つの距離にしか焦点が合わないため、遠くの景色は見えても、新聞やパソコンといった近方と中間にはピントが合いません。
  • 3焦点レンズの見え方

    3焦点レンズは、近方・中間・遠方の3つの距離に焦点が合いますので、新聞、パソコン、遠くの景色まで見ることができます。

Add-on Lensの費用

3焦点Add-on Lens 片眼 50万円
(税別)
3焦点Add-on Lens
(乱視矯正)
片眼 65万円
(税別)