Director

院長
冨田 実
MINORU TOMITA MD.PhD

医学博士・日本眼科学会認定眼科専門医
  • 医療法人社団 実直会 理事長
  • 冨田実アイクリニック銀座 院長
  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 温州大学医学部眼科客員教授
  • 河北省医科大学眼科客員教授

プロフィール
Profile

1998年 愛知医科大学 医学部卒業
1998年 関西医科大学病院 眼科研修医
2003年 関西医科大学大学院卒業
2003年 医学博士取得、日本眼科学会専門医取得
2003年 米国ハーバード大学眼科 フェロー(2年間)
2005年 眼科専門医 150 名を有する日本最大級の眼科クリニック入職
2007年 同クリニック 副院長就任
2008年 同クリニック エグゼクティブメディカルディレクター (最高診療責任者)に就任
2011年 温州大学医学部眼科 客員教授就任
2014年 冨田実アイクリニック銀座開設(院長)
2015年 温州大学医学部眼科 客員教授再就任
2015年 医療法人社団実直会設立(理事長)
2016年 河北省医科大学 眼科客員教授再就任

主な受賞歴

  • Ziemer Award受賞

    2016年に開催されたアジア太平洋眼科学会 (APAO) にてレーザー白内障手術の症例実績世界No,1を受賞

  • 5年連続アジア1位受賞

    レーザー白内障手術症例実績アジア No,1の実績を評価され、5年連続で ZiemerAward を受賞しました。

  • Asia Top Clinic Award 受賞

    2017年に3焦点レンズによる白内障手術1000症例を 達成し、 アジアNo,1のクリニックに輝く (PhysIOL 社より)

  • パンオプティクス症例日本1位

    2020年度の次世代型4焦点レンズ「パンオプティクス」の症例実績が日本国内で第1位を記録。(ALCON社公式認定)

  • Grand Prize 受賞

    2012年に開催されたASCRS(アメリカ白内障屈折矯 正学会) にて日本人初の全部門最優秀賞を受賞

  • Best Prize 受賞

    2011年に開催されたASCRS(アメリカ白内障屈折矯 正学会) にて角膜手術・屈折矯正部門最優秀賞を受賞

  • Best Poster 受賞

    2012年に開催されたヨーロッパ白内障屈折矯正学会 (ESCRS) にてベストポスター賞を受賞

  • Presidential Award 受賞

    2014年に開催されたアメリカ眼科学会 (AAO) にて 日本人初のプレジデンシャルアワード (会長賞) を受賞

  • 温州大学医学部眼科 客員教授就任

    2012年に世界的名門である温州大学にて客員教授に 就任。 2015年には再就任を果たす

  • 河北省医科大学 眼科客員教授就任

    2016年には、 世界的な眼科学会での活躍が評価さ れて河北省医科大学にて客員教授に就任。

2005年 Best Fellow Award
「最優秀論文章受賞」(ハーバード大学スケペンス眼科研究所:アメリカ)
2009年 Ziemer Award 2009 受賞
「屈折矯正手術症例実績世界 No,1」(Ziemer:スイス)
2010年 Best Poster 受賞
「最優秀ポスター賞受賞」 (ASCRS:アメリカ白内障屈折矯正学会)
2010年 Ziemer Award 2010 受賞
「屈折矯正手術症例実績世界 No,1」(Ziemer:スイス)
2011年 Best Award受賞
「角膜手術・屈折矯正部門最優秀賞 ベストアワード受賞」(ASCRS:アメリカ白内障屈折矯正学会)
2011年 Ziemer Award 2011 受賞
「屈折矯正手術症例実績世界 No,1」(Ziemer:スイス)
2012年 Grand Prize 受賞
「全部門最優秀賞 グランドプライズ受賞」(ASCRS:アメリカ白内障屈折矯正学会)
2012年 Best Poster 受賞
「最優秀ポスター賞受賞」 (ESCRS:ヨーロッパ白内障屈折矯正学会)
2012年 Ziemer Award 2012 受賞
「屈折矯正手術症例実績世界 No,1」(Ziemer:スイス)
2013年 Best Poster 受賞
「最優秀ポスター賞受賞」 (ASCRS:アメリカ白内障屈折矯正学会)
2013年 Ziemer Award 2013 受賞
「屈折矯正手術症例実績世界 No,1」(Ziemer:スイス)
2013年 Crosslinking country Chairman Japan 認定
「クロスリンキング治療/日本のチェアマンに就任」(Avedro:アメリカ)
2014年 Presidential Award 受賞
「会長賞プレジデンシャルアワード受賞」(AAO:アメリカ眼科学会)
2014年 AAO Achievement Award 受賞
「特別功労賞」(AAO:アメリカ眼科学会)
2014年 Program Chairman(ISRS:国際屈折矯正学会)
「ISRS TOKYO SUMMIT 2014」において学会長を務める(WOC:国際眼科学会)
2014年 Best Surgeon in the World 受賞
「屈折矯正手術及びレーザー白内障手術における世界最優秀執刀医」(Ziemer:スイス)
2014年 Best Surgeon in the World 受賞
「屈折矯正手術における世界最優秀執刀医」(Schwind:ドイツ)
2015年 Ziemer Award 2015 受賞
「レーザー白内障手術症例実績世界 No,1」(APAO:アジア・太平洋眼科学会)
2016年 APAO Achievement Award 受賞
「特別功労賞」(APAO:アジア・太平洋眼科学会)
2016年 Ziemer Award2016 受賞
「レーザー白内障手術症例実績アジア No,1」(Ziemer:スイス)
2016年 Trifocal Optic Certificate of recognition 認定
「日本初の 3 焦点眼内レンズ指導医に認定」(PysIOL:ベルギー)
2017年 Asia Top Clinic Award 受賞
「3 焦点眼内レンズによる白内障手術アジア No,1」(PysIOL:ベルギー)
2017年 Ziemer Award2017 受賞
「レーザー白内障手術症例実績アジア No,1」(Ziemer:スイス)
2018年 Ziemer Award2018 受賞
「レーザー白内障手術症例実績アジア No,1」(Ziemer:スイス)
2019年 Global Top Implanter 受賞
「極低侵襲緑内障バイパス手術症例実績世界 No,1」(GLAUKOS:アメリカ)
2019年 Ziemer Award2019 受賞
「レーザー白内障手術症例実績アジア No,1」(Ziemer:スイス)
2019年 Highest number of implants of PIOL in japan 受賞
「フェイキック後房型レンズ症例実績日本 No,1」(EyeOL:イギリス)
2019年 PIOL Technology as an Executive Proctor 認定
「フェイキック後房型レンズ上級指導医ライセンス取得」(EyeOL:イギリス)
2020年 パンオプティクス眼内レンズ挿入実績日本NO,1(ALCON社公式認定)
2020年 2020 Recognition Award 受賞
2020年レコギネーション・アワード受賞(AAO:アメリカ眼科学会、ISRS:国際屈折矯正学会)

所属学会

  • ・日本眼科学会
  • ・日本眼科手術学会
  • ・日本眼内レンズ屈折矯正学会
  • ・日本角膜学会
  • ・日本コンタクトレンズ学会
  • ・米国眼科学会(役員)
  • ・米国眼内レンズ屈折矯正学会
  • ・欧州眼内レンズ屈折矯正学会
  • ・国際屈折矯正学会(役員理事)
  • ・アメリカ眼科学会(役員)
  • ・アメリカ白内障屈折矯正学会
  • ・欧州白内障屈折矯正学会

ライセンス

  • WORLD BEST SURGEON
  • WORLD BEST SURGEON
  • AMARIS
    指導医ライセンス
  • フェイキック後房型レンズ
    上級指導医ライセンス
  • レーザー白内障
    指導医ライセンス
  • FEMTO LDV
    指導医ライセンス
  • 極低侵襲性緑内障手術ライセンス
  • フェイキック後房型レンズ
    手術ライセンス
  • 3焦点眼内レンズ
    指導医ライセンス
  • フェイキック前房型レンズ
    指導医ライセンス
  • 老眼治療カメラ
    指導医ライセンス
  • 角膜リング
    指導医ライセンス
  • クロスリンキング
    指導医ライセンス
  • CK手術ライセンス
  • イントラレース指導医ライセンス
  • ウェブライト屈折矯正手術
    指導医ライセンス
  • iLASIK指導医ライセンス