Director

院長
冨田 実
MINORU TOMITA MD.PhD

医学博士・日本眼科学会認定眼科専門医
  • 温州医科大学医学部眼科 客員教授
  • 河北省医科大学眼科 客員教授
  • アメリカ眼科学会 役員
  • 国際屈折矯正学会 役員理事

プロフィール
Profile

1998年 愛知医科大学 医学部卒業
1998年 関西医科大学病院 眼科研修医
2003年 関西医科大学大学院卒業 医学博士取得、日本眼科学会専門医取得
2003年 米国ハーバード大学眼科 フェロー(2年間)
2005年 ハーバード大学スケペンス眼研究所最優秀論文受賞
2005年 150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニック入職
2007年 同クリニック 副院長就任
2008年 同クリニック エグゼクティブメディカルディレクター (最高診療責任者)に就任
2010年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):最優秀ポスター賞受賞
2011年 アメリカ眼科学会でレーシック、老眼治療に関するインストラクター
アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):角膜手術、屈折矯正手術部門最優秀賞受賞
2012年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2012年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):
グランドプライズ(全部門最優秀賞受賞)
2012年 欧州白内障屈折矯正学会:最優秀ポスター受賞
2012年 アメリカ眼科学会、国際屈折矯正学会役員理事就任
2013年 アメリカ眼科学会、ベストポスター受賞
2014年 冨田実アイクリニック銀座 開設(院長)
2014年 アメリカ眼科学会 (AAO)プレジデンシャルアワード受賞
2015年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授再就任
2016年 河北省医科大学 眼科客員教授に就任
PhysIOL社より、日本で唯一の3焦点眼内レンズ指導医に認定される。
2017年 3焦点レンズによる白内障手術1000症例達成。PhysIOL社より「Asia Top Clinic Award 」受賞
2018年 Ziemer Award受賞(レーザー白内障手術 2017年度症例数アジアトップに認定
2019年 Ziemer Award受賞(レーザー白内障手術 2018年度症例数アジアトップに認定)
2019年 フェイキック後房型レンズ 上級指導医ライセンス取得
2020年 グローバル・トップ・インプランター受賞(極低侵襲緑内障バイパス手術 症例実績世界一)
2020年 Ziemer Award受賞(レーザー白内障手術 2019年度症例数アジアトップに認定)

所属学会

  • ・日本眼科学会
  • ・日本眼科手術学会
  • ・日本眼内レンズ屈折矯正学会
  • ・日本角膜学会
  • ・日本コンタクトレンズ学会
  • ・米国眼内レンズ屈折矯正学会
  • ・欧州眼内レンズ屈折矯正学会

ライセンス

  • WORLD BEST SURGEON受賞
    屈折矯正手術
    世界最優秀執刀医に認定
  • WORLD BEST SURGEON受賞
    レーザー白内障手術
    世界最優秀執刀医に認定
  • AMARIS
    指導医ライセンス
  • フェイキック後房型レンズ
    上級指導医ライセンス
  • レーザー白内障
    指導医ライセンス
  • FEMTO LDV
    指導医ライセンス
  • 極低侵襲性緑内障手術ライセンス
  • フェイキック後房型レンズ
    手術ライセンス
  • 3焦点眼内レンズ
    指導医ライセンス
  • フェイキック前房型レンズ
    指導医ライセンス
  • 老眼治療カメラ
    指導医ライセンス
  • 角膜リング
    指導医ライセンス
  • クロスリンキング
    指導医ライセンス
  • CK手術ライセンス
  • イントラレース指導医ライセンス
  • ウェブライト屈折矯正手術
    指導医ライセンス
  • iLASIK指導医ライセンス